こんにちは。なみとの風です。


それでは、シリーズ8作目です。
前回の「ワラ1」から少し時代を遡りまして「ワム50000」に参ります。

ここまで来ちゃいますと、「懐かしい」というよりも、「歴史のお勉強」になります(^_^)

何しろ、起源、何故こんな車体になったのかの由来が戦時中の話ですもんね (^^;;


【TOMIX ワム50000】
IMG_0402

実車は木造です🌲
我が家の在籍車両では希少種です。

それにしても形式表記が異様に大きいですね。見易いからいいですけど(^^;

IMG_0403

ワム50000は、1940年(昭和15年)から製造されましたが、日中戦争の激化による鋼材節約のため、それまで量産されていたワム23000の車体外板を省略し、鉄柱+木造構造としたものだそうです。

要はそれまで鋼製だったのに、戦争による物資不足で木造に退化したということです。
う〜ん、近代史ですね〜 📖🖋

1985年(昭和60年)までに廃車となったそうですが、それでも国鉄民営化の直前まで運用されていたんですね 👀

FullSizeRender

はい。お約束のブランドチェック。

河合商会でもなく、ポポンデッタでもなく、正真正銘の TOMY HONG KONG ✨

でも、この金型が時代の荒波を乗り越え、二社を経て受け継がれたことには正直言って関心します。

勿論、スケールやディテールは甘くゆるいのですが、切り捨て難い「何か」を秘めているような気がします。

このワム50000は、後年、中古屋さんで購入したものですが、いつも床下を見て前述の二社ではないこと、TOMIXでも日本製の新製品ではないことを確認して嬉々としています (^^) ♪

IMG_0410

貨物牽引の勇、EF15とともに… 🛤

IMG_0412

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム