なみとの風のブログ

昔見た郷愁の情景や、日常の中にある列車を「ちいさな世界」の中で眺めて癒されています。

カテゴリ:鉄道模型(私鉄) > 南海

こんにちは、なみとの風です。


10月を目前にして朝夕はめっきり涼しくなりました。しかし、日中はまだまだ暑いですね 💦☀️

さて、先週めでたくTOMIXのキハ58-400とキハ28-2300を入線させることができたため、本日は、かねてからの最終目的、急行「きのくに」の連結シーンを❗️


IMG_0931

これが、やりたかったんですよね〜🥰💕

IMG_0933

天王寺始発の国鉄列車と、難波始発の南海の列車を和歌山駅で連結し、南紀白浜・新宮方面まで行っていました 🛤

実は、本物の連結シーンを見たことがないのですが、実際は線路上にも作業員がいて連結作業を行っていました。

見に行っとけばよかった💦
( → 後の祭り…)

IMG_0940

連結完了❗️

IMG_0934

南海キハ5501・5551形のお顔もいいし、キハ58-400のお顔もラブリー。

甲・乙付けがたいです 😊

IMG_0941

こちらは、キハ58-1100です。

TOMIX 92183のセットではなく単品編成の難点は、キロ28だけ、ユニットサッシ改良で独特な「田の字窓」の2100形でないことです…

IMG_0936

IMG_0937

いや〜、やはりカッコいいですね ✨

IMG_0938

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム













こんにちは。なみとの風です。


今日は、久しぶりに「天空」を出してみました。保有している南海の鉄道模型は、当ブログへの掲載がこれで一巡することとなり、「天空」が殿を務めることになりました📗🖌


【TOMYTEC 南海2200系「天空」】
IMG_0511

深緑と朱色のコントラストが美しい✨

深緑は山岳区間の森林を表し、高野山金剛峯寺にある根本大塔の朱色をイメージした帯が巻かれています。

IMG_0492

IMG_0497

IMG_0501

こだわりのあるディテールが素晴らしいと思いませんか? 💮

眺めていると、旅に出たくなります🚞🛤

IMG_0509

元は南海22000系で、観光列車用に大規模な改造が施され、2009年(平成21年)にデビューしました。誕生からはや10周年になるんですね 🎊

IMG_0502

鉄コレにしては、座席シートが意外としっかり再現されています。

コンパートメントになっているところ以外の座席は、渓谷の景色を楽しむことができるように、全て谷側を向いて座るようになっています⛰

IMG_0503

窓も景色がよく見えるように谷側は全て大窓になっています。

また、写真のように展望デッキが設けられ、森林の風を感じることができるようになっています🍃🌲

車体に山岳区間である所以、50‰(パーミル=1000m進んで50m登る急勾配であること)がデザイン化されています🧗‍♀️

IMG_0510

車番2258(左側)の58は、「こーや」を表し、車番2208(右側)の08は橋本の「はし」を意味します。
何故、橋なら84にしなかったのかな?

IMG_0521

2200系「天空」は、全車座席指定ですが、2200系はご老体なので保安上の理由から2000系(営業開始当初は2300系)が自由席車として2両連結され、しっかりバックアップします。

2000系は、TOMYTECやらMICROACEやら何種類かリリースされています。
2300系は、過去にレールクラフト阿波座から真鍮製の金属キットが発売されていましたが、組み上げる技量もなく、羨ましげに眺めていました (^^;;

プラ製完成品が出たら「即買い」なんですけどね〜 😊

IMG_0522

IMG_0524

さぁ、フランス人も憧れる神秘の世界、高野山へ🏔

IMG_0525

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム













こんにちは。なみとの風です。


昨日は高野線の汎用車6100系でしたので、今日は同じく南海線の汎用車7100系を出してみました🚃


IMG_0253

1969年(昭和44年)から合計152両が製造されたとのことですので、誕生から実に50年も経ったんですね〜

IMG_0259

今は、このカラーリングに統一されて見慣れましたが、30年ほど前の南海電車は濃淡緑ツートンでした。

こちらが旧塗装です↓
MICROACE 南海7100系(旧塗装)


IMG_0261

屋根上もよく再現されてはいますが、やはり最近の製品の方が精度が高いような気がします…

IMG_0260

IMG_0262

MICROACE A-6375
南海7100系 新塗装・新社紋 6両セット

IMG_0267

IMG_0263

ちょっと鄙びた風情のある感じが、実際の南海電車っぽくないですか❓

IMG_0266

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんにちは。なみとの風です。


今日は、南海高野線の通勤通学列車では定番の6100系です。

最近は南海本線を中心に8300系など新型車が増えてきましたが、少し前までは、この高野線の6100系と南海本線の7100系がほぼ同形態で南海の標準型でした。


IMG_0223

男前ですね〜 ✨

IMG_0226

MICROACE A-6361
南海6100系 新塗装・新社紋 6両セット

IMG_0221

収納箱の奥から、何の車両?から外したのか忘れましたが幅広の室内灯4本の束が出てきたので、新たに2本買い足し、実は今日、購入後何年も経つ南海6100系に初めて室内灯をセットしました💡

IMG_0229

NANKAIのロゴや帯の表現が実車に近く、とてもいい雰囲気が出ています。

IMG_0234

南海の編成にはよくあることですが、このMC車は、運転台があるにもかかわらず中間車はめ殺し仕様になっており、前面の帯も前照灯の電球もありません。

IMG_0233

前照灯といい、列車識別灯といい、車体といい、MICROACEの南海6100系と南海7100系は、とてもよく「南海電車らしさ」を醸し出しています。

↓旧塗装(というか塗装なし)はこちら。
南海6100系(旧塗装)


IMG_0239

こんな感じですね ✨

IMG_0238

とてもいい雰囲気 🚇

IMG_0237

最近 MICROACE も GREENMAX も古い金型で塗装だけ変えた手抜き製品が多く、新製品が待ち遠しいです… 💫

IMG_0235

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんにちは。なみとの風です。


今日は、「こどもの日」ですね 🎏

と言っても、息子も鯉のぼりや兜を飾る年頃は過ぎ、鉄道模型に勤しんでいる自分がいちばん「こども」かも 💦

さて昨日、近鉄電車特集をしましたので、本日は南海電車特集です。


イメージ 1

南海本線は高架化が進んでいますから、高架駅に並べると絵になりますね~

イメージ 2

奥側から手前側へ順番に →


MICROACE A-6375 南海7100系 新塗装・新社紋

MICROACE A-0750 南海50000系 特急ラピート

GREENMAX 30174-5 南海10000系 特急サザン

TOMYTEC 鉄コレ 南海7000系 新塗装


こうして並べてみると、鉄コレの色の残念さが際だってしまいます 😆

イメージ 3

MICROACE のラピートは、2度のリニューアルがなされており、この初代製品の後、品番 A-7052 として改良品が、 品番 A-7054 として更新車がリリースされています。

初代は、まだライトが電球で、モーターの質も今と比べると落ちるのですが、愛着もあり現役のままです。

直近発売の更新車は、運転台が着色されていたり、LEDライトの色分けや床下も改良されていたりと魅力的なので追加導入したいとは思っているのですが、他にも欲しいものが多くなかなか辿り着きません…

イメージ 4

MICROACE の南海7100系 新塗装は、なかなか出来がよく人気があります。

南海10000系は、GREENMAXが先行し、MICROACE が後追いで製品化しましたが、色合いや造形はこちらの GREENMAX 製の方が実物イメージに近いと思います。

イメージ 5

関西で特急と言えば、やはり近鉄と南海です。有料なので当たり前なんですが😅名鉄パノラマカーもいいですね。関東ですと小田急ロマンスカーを始め、東武スペーシア、西武レッドアロー、京成スカイライナーと余裕があれば触手を伸ばしたいところですが…

ちょっと財源に無理がありそうです💦

イメージ 6

さて、これを持ちましてGW期間限定の高架複線エンドレスラインは、撤収となります👷‍♂️🚧

今回は2年ぶりに敷設しましたが、期間が長く結構楽しめました。

次はいつになることやら…

イメージ 7

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム













こんにちは。なみとの風です。


春らしい暖かな日が続き、ちょっと嬉しい今日この頃☀️

昨日、お花見コラムみたいなことを書いちゃいましたが、本日は鉄道模型ブログに戻ります😅


【MICROACE 南海6100系(旧塗装)】
イメージ 1

これを、商品名「旧塗装」というのもちょっとどうかと思いますけどね 😣

だって、コレどう見ても塗装してませんもの。ステンレスそのまんまです。

言うなれば「無塗装」ですか 😁
模型の世界ではあまり聞かないですね…
(完成品は塗装済みだから当たり前?)

イメージ 2

南海高野線の通勤車として1970年に投入されました。南海ではポピュラーな型です。

ステンレスの光沢感がよく表現されています。本当に光っているようです。

最近の鉄道模型の出来には、つくづく感心します。

イメージ 3

昔のシートは、赤のモケットでしたね😌
車番のナンバープレートがリアル。
社紋も本来はプレートなので印刷だと質感はないですが、そんなことはどうでもよくなるくらい全体として good です。

イメージ 4

MICROACE A-6350 南海 6100系
旧塗装 4両セット

1年以上は走らせていなかったため、すっかり忘れていましたが、前面方向幕は「準急 三日市町」を選択していました。

4両編成なのに、何故「普通」じゃなく「準急」を選択したのか、当時の心境は謎です😅
(2両買い足すつもりだったのかな?)

でも列車識別灯が両点灯の急行表示しかできないからある意味あってるのか😃

イメージ 5

我が家の「万年満開」桜並木ですが、今はぴったり旬です (^^)v

また次のレイアウトを作成したいな 

イメージ 6

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム













こんにちは。なみとの風です。


本日は、快晴 ☀

本日も昨日に続き、またもや新規入線❗️

ほんとに続くときは続くもんです。

某メーカーは発売遅延するし、かたや某メーカーは発売早まるし、某メーカーは予定月どおりだし、で重なっちゃいました。まだ来週も控えているというのに💦
ちっとも👛の中身を心配してくれません…

ということで、嘆きながらも喜び勇んで本題へ❗️

TOMIX 南海キハ5501・5551形 入線

そもそも、キハ55系の顔はそれ程好みではなかったので前回発売時はthroughしていたのですが、店頭から消えた時「やっぱり買っておけばよかった…」と後悔したものです。
よくよく考えたら結構レアな私鉄気動車なので購買層が少ないでしょうから、再生産がなくてもおかしくないですもんね。
それがまさか、こんなに早く再生産の時がやってくるとは思いもしませんでした。


【TOMIX 南海キハ5501・キハ5551形】
イメージ 1

予想どおりクオリティ高過ぎ ✨

これを待ち望んでいたんです

イメージ 2

購買意欲をそそるパッケージ❗️

開封するまでの間、わくわくさせてくれます。

イメージ 3

ということで御開帳。

結構、なんだかんだ部品が多し。

すっぴんのお顔とともにメイクアップ前の準備運動を… 🤸

イメージ 4

完璧!と言いたいところですが、ピンバイスが必要な信号炎管と無線アンテナはとりあえずペンディングしてしまいました💦

それでも、結構な作業工程をこなしているのです。

まず、運転台がある足元の3つの台車を外して排障器をセット。これ、手間がかかる割に、真横から見ないと殆どあるのかないのか判らないのです…

続いて幌。これが通常の車両のようにただ取り付けるだけではなく、まず車体側にセットされている「踏板」を内側から押し出して外してからでないと取付できない構造に…

続いてOPの室内灯をセットし、できればパスしたかった苦手なインレタ貼りを。

そして最後にキハ5551側にヘッドマークを取り付け完成!

ちなみにこのキハ5551形は、両側運転台です

イメージ 5

幌顔でない、すっぴん顔も残しておきたかったので、こちら片側運転台のキハ5501形にはとりあえず幌を付けないままに。以外とスマートで好感が持てます。

イメージ 6

2両編成の優等列車ですよ!
おもしろいですね~。
和歌山駅で国鉄の58系急行「きのくに」と連結して8両編成で南紀・白浜まで行っていたのですが、南海本線内の停車駅は特急停車駅だけだったと思います。

イメージ 7

往年の羽車マークもとても綺麗!
「南海」の表示もくっきりと。
やはり流石のHGです。MICROACE や TOMYTEC 鉄コレとは違いますね。比べるのも失礼かもしれませんが💦

イメージ 8

基本キハ58系が好きでしたが、キハ55系もこうやって改めて手元に置いてみると、なかなか愛らしくていいですね。すっかり虜になってしまいました。

しかも、まだこの先、キハ58系と併結して8両編成の急行「きのくに」を組成する楽しみが残っています

イメージ 9

まだまだ続く新規入線。

来週は「大物」が控えていますからね 

イメージ 10

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム













こんばんは。なみとの風です。


久方ぶりに平日投稿です
明日は、お休み嬉しいな✨

さて、本日は原点回帰な電車を


【MICROACE 南海7100系(旧塗装)】
イメージ 1

相変わらずカッコよいですね~

しかし、贅沢を言わせていただくと…
こちらの製品、ちと緑色が違うのではねぇか、というところなのです。
南海電車は淡緑色部分がもう少しくすんだ感じで、こんなに鮮やかではありませんでした。

これ、京阪電車の色に近いですね💧
MICROACEの人、ほんまに間違えたんちゃうかと思ってしまう程です💧

残念な話ですが、塗色だけでいうとTOMYTEC「鉄コレ」の7000系のほうが近いかな…
もうちょっと頑張って欲しかったです💦

イメージ 2

という色合いを除くと、造形も走行も全く文句はございません。
ましてや花形の特急ではなく一般車両の製品化自体、喜ばしいことです 🍀

イメージ 3

MICROACE A-6366 南海7100系
後期更新車 旧塗装 4両セット

というところで、以降、過去に撮りためていた写真の放出です 📷

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

お仲間の7000系はこちらをどうぞ↓
⏮️ TOMYTEC 南海7000系(旧塗装)

イメージ 7

度々ですが…

1970年代そのものの雰囲気ですね 

この年代、大好きなんです ♬

イメージ 8

最後は、同じく緑の時代の特急「サザン」との並びで

イメージ 9

この時代、やっぱりよいですね… 

イメージ 10

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんにちは。なみとの風です。


🎤〽️ 今日は、楽しいひなまつり🎎

さて、yahoo!ブログ終了告知のショックから立ち直り…

また、平常運転に戻って書き綴り
本日は、回顧録的な内容でございます



【MICROACE 南海20000系 特急「こうや」】
イメージ 1

MICROACEの製品群の中では、特に出来が素晴らしいと称賛されている逸品❗️

イメージ 2

これを見ていて思うのは、3月POPOOMDETTAから発売される筈であった、30000系です。

6月以降に発売延期と発表されましたが、本当に大丈夫なんでしょうか

安中貨物の悲劇が繰り返されなければよいのですが…

できればMICROACEから発売して欲しかったなぁ~

今日、この20000系を眺めていて、あらためてそう思いました。

イメージ 3

MICROACE A-6880 南海20000系
特急「こうや」号 登場時 4両セット

イメージ 4

前面ガラスの曲面の表現が素晴らしい

惚れ惚れするカッコよさです💖

1977年(昭和52年)、橋本~極楽橋駅間で「お召列車」に抜擢されたそうです。

イメージ 5

外面だけでなく、車内のシート表現もこれまたいいんですよね~

高級感を損なわず、ちょっと青み掛かった窓ガラスとあいまって、とてもいい雰囲気を醸し出しています。

秀逸な出来栄えです。

室内灯を装着するとこれまたいい雰囲気で、実に乗りたくなってきます。

イメージ 6

本当に美しいフォルムです。

1985年まで活躍したのですが、実は一度も乗らずじまいでした

子供の頃、高野山に何度か行ったことがあるのですがいつも車だったのです

イメージ 7

この20000系特急「こうや」ですが、本日久しぶりに走らせたので、折角ですから同時代に活躍した21000系に登場していただきました

イメージ 8

1970年代そのものの雰囲気ですね~♬

イメージ 9

南海高野線の橋本~極楽橋駅間は、急勾配、急カーブが続くとても険しい路線。

そのため、この区間を走る列車はいずれも4両編成で、17m級のとっても短い車体なんです。

都心部の高速運転もこなせる、この17m級の車両のことを南海用語では「ズームカー」といいます。

↓こちらにもう少し詳しく書いてます




イメージ 10

21m級の車両だと3両しか留まらない田舎駅のこの対向式ホームに、4両ピッタリ収まるコンパクトさです。

イメージ 11

このお二方、並ぶとよくお似合いです🎵

1970年代、懐かしい…

時代に思いを馳せるのもまたよろし 

イメージ 12

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんにちは。なみとの風です。


前編に続きまして、南海2000系!
今度は6次車です


【MICROACE 南海2000系 6次車】
イメージ 1

いいんじゃな~い

イメージ 2

MICROACE A-8054 南海2000系 6次車
新塗装 4両セット

イメージ 3

左が6次車で、右が2次車。

側面の形状が微妙に違います。

イメージ 4

2次車も6次車も外観はほとんど一緒です。
ですが、両方買ってしまいました…

メーカーの策略ですね((+_+))

が、しかし、嬉々としてまんまと乗ってしまっているのです

はっきりわかる違いは、M車のパンタが2次車は1基しか載っていないのですが、6次車は2基乗っています。

イメージ 5

上が6次車、下が2次車。

2次車は、パンタ車が2両あります。
並べると屋根上の違いがわかります。

あとは、側面の形状が微妙に違うだけ…
それ以外ほとんど一緒

↓2次車はこちらをどうぞ。

⏮ 
MICROACE 南海2000系2次車

↓以前掲載の鉄コレも比較ついでに。

↓真っ赤な「真田赤備え列車」も。


これに、南海2200系「天空」とセットになった2両編成がまだ箱の中で眠っていますので、なんと、我が家に南海2000系は、5編成も在籍していることに

今まで気付かなかった

イメージ 6

↓ 南海高野線の日常✨
イメージ 7

明日も休み。ゆっくりしよっと…… 

イメージ 8

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











このページのトップヘ