こんにちは。なみとの風です。


本日は、購入後開封だけしてペンディングしていたTOMIX ヨ5000の整備を実施することにしました 🔧


IMG_1814

ヨ6000もいいですが、私の中ではヨ5000の方が標準的かな…

IMG_1822

実は開封後初めて線路上に乗せたので、最近のTOMIX ヨ5000には室内灯が標準装備されていることを今日まで知りませんでした 💦

IMG_1824

正直申し上げて、私は車掌車に室内灯は常灯しなくていいと思っていますので、ちょっと無用の長物かな…

それはさて置き、本題の整備編を 🛠

IMG_1782

TOMIXの2軸貨車は、香港製貨車以来約30年ぶりに先々月ワム580000を購入し、カプラー構造に唖然としたのですが…

↓前回の浦島太郎な記事はコチラ 💦
TOMIX ワム580000

今回は、その教訓を生かし?KATOのEF66ナックルカプラーを予め購入しておきました ✨

FullSizeRender

車体側にあるカプラーヘッドを固定する芯棒の直径が太いため、KATO EF66ナックルの穴をピンバイスで広げます。

諸先輩方の記事からφ1.4mmが丁度よいとの知識を得てセット。

FullSizeRender

左から標準TOMIXアーノルド、加工後ナックル、加工前ナックルです。
(上級者は車間を詰めるため穴位置を上部にずらして開けるようですが、私の技術力ではそこまで到達せず… )

FullSizeRender

更にもうひと作業❗️
そのままだと他のKATO製品よりカプラー位置が低くなってしまうため、付け根上部の出っ張りを少し削ります 🔪

IMG_1794

私の場合、カプラー位置を上部に保つためにカプラーと金具の間に薄いプラ板を挟み調整しました。

IMG_1789

追加作業。子供の頃よく見ていた「ヨ」には、石油ストーブ設置後の白帯がない印象が強いので、抹消することに❗️

IMG_1792

アップにすると、ちょっと黒く上塗りしたことがわかりますが、普通に見ると許容範囲です 🔍

「白ほっぺ」より、やっぱりこっちの方がカッコいいな〜 ✨
(乗務する人は大変でしょうが… )

IMG_1828

牽引機関車は、我が家では活躍機会が少ないEF16を出してあげました。

IMG_1831

ワラ、レ、タキ、トラ、ワム…
黒貨車軍団、いいですね〜 ✨

IMG_1832

Nゲージの世界において35年のブランクは大きいですね。最近の製品スペックは知らないことばかり…

これでやっと、ヨ5000、ヨ6000、ヨ8000の中からその日の気分で選べるようになりました。

やっぱり貨物列車の最後尾は反射板ではなくヨかフがいいですね… ☕️

IMG_1835

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム