こんにちは。なみとの風です。


みなさんも既に書かれていることですが、やはり昨日の「yahoo!ブログサービス終了のお知らせ」は衝撃的でした

SNSが面倒になり、ブログを始めてからそう経っていないのですが、やっぱり淋しいです

使い易く気に入っていたんですけどね…

取り敢えず5月の移行開始まで続けて、以降はその時までに考えましょうか

それでは気を取り直して本題へ。

KATO 10系 寝台急行「能登」入線 
(今更感満載ですが…)

【KATO 10系 寝台急行「能登」】
イメージ 1

KATO 10-816 10系 寝台急行「能登」
7両基本セット

KATO 10-817 10系 寝台急行「能登」
6両増結セット

イメージ 2

KATOの意地悪?でEF58-35長岡運転所とEF16の発売が後にずれたので、牽引機は取り敢えず手持ちのEF58ブルーで代用。

イメージ 3

今回、改めて本系統の導入に至った動機は、このスニ41 2000番台です。

イメージ 4

この車両、結構好きで、既に「郵便荷物列車」でお馴染みの0番台は所有しているのですが、妻面に「くぐり戸」があるこの2000番台が欲しかったのです ✨

イメージ 5

assyで1両だけ入手、ということも考えたのですが…

10系好きだし、「能登」も好きだし、結局増結セットまで含めてお買い上げしてしまうといった顛末

イメージ 6

こちらの「オロネ10」、我が家に一体何両あるのでしょうか。

でも好きなんですよね~🎵

イメージ 7

続いて10系寝台の醍醐味、オハネフ12からスハネ16へ続く、おやすみなさいコーナーです 🌃✨🛌💤

イメージ 8

そして大事なアクセント。これまた大好きなグリーン車「スロ62」🍀

イメージ 9

そこから続く座席車隊列です💺

10系の時代は、「ブルートレイン」なる言葉はまだなかったでしょうが、まさに先頭のEF58から最後尾のスハフ42までブルー一色で、とてもカッコいいです

総勢13両の長大編成です🌃🌠

イメージ 10

イメージ 11

やっぱり、いいですね~ 🎵

旧客の魅力は尽きることがありません

イメージ 12

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット