こんにちは。なみとの風です。


本日もまたまた2部構成となりました


【TOMIX 103系ATC車(1983ロット)】
イメージ 1

ヘッドライトはキレイな電球色です。
だって当たり前、本物の電球ですもの💡

35年前の製品にしては、出来過ぎな程、よく造り込まれています。

お顔も本物を凌ぐ勢いがあります。

今朝、323系を見ていて思い出しました。この電車には、懐かしい思い出や思い入れがいろいろあって語り尽くせないぐらいです。

イメージ 2

イメージ 3

この製品は、1983年にTOMIXが103系を初めて市場投入した、"その年"に購入した正真正銘の最古ロットです。

お小遣いで一気に6両も買えるはずもなく、揃えるのに2年はかかった記憶があります。(そもそも当時セット売りはなかったと思います。)

この製品、出た時は反響凄かったはず。なぜなら既に発売されていたKATOの103系はモールドが幼児のおもちゃみたいで、ヘッドもテールもつかなかったのですから。

でも、本当は、このオレンジではなくてスカイブルーが欲しかったんです。

でも、スカイブルーは売り切れで、買いに行った某百貨店には、このオレンジ色しか残っていなかったんです😢

泣く泣くオレンジのクハ103を1両握りしめて帰ったんです

でも6両集めると愛着が湧き、とても大事にしていました。

しかし、たまたまそういう年齢に差し掛かっていたのでしょう。この辺りを最後にNゲージ車両の購入は途絶え、興味も薄れ、以降しばらく鉄道模型とは疎遠になりました。

そして長年、実家の倉庫で眠っていたのです。

イメージ 4

OPの室内灯を取り付けていたので、中間車にも集電バネが装着されています。標準装備ではありません。

旧集電方式なので車輪に大きな負荷がかかり車両の滑りはすこぶる悪いです 😅

しかも床下機器の配置はめちゃくちゃで113系の流用もあるとか…

でも、そんなことどうでもいいです 🙆

イメージ 5

屋根上、集中冷房のモールドは甘いですが、別パーツのベンチレーターやパンタグラフ周りは当時にしてはよく出来ています ⭕

イメージ 6

車両間隔は " ガバガバ " です 😄
太めの幌を後付けしたのですが…
それでもこの有り様 😅

でも、いいんです ✨

イメージ 7

サッシの表現や車両番号の印刷なども、現代のレベルの目をもってしても、そう悪くはないです。だってコレ、35年前の製品ですよ 👀

あっそうそう。思い出をもう1つ。
当時、Nゲージの夜景に憧れ、室内灯を装備しました。が、しかし、当時のM車はモーターが馬鹿デカく、黒色のプラカバーで全体を覆われていました。

要はM車には、そもそも室内灯が装備できず、しかも黒色プラカバーで窓から車内すらも見えない構造でした。

折角、小学生が大枚叩いて室内灯を装備したのに、6両中5両しか点灯しない、何とも中途半端で残念な感じでしたね。

ちょっと切ない思い出です

イメージ 8

淡い思い出とともにノスタルジーに浸ってしまいました…

イメージ 9

(ノスタルジックにもう1枚)

イメージ 10

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com

鉄道コム