なみとの風のブログ

昔見た郷愁の情景や、日常の中にある列車を「ちいさな世界」の中で眺めて癒されています。

2020年10月

こんにちは。なみとの風です。


今日も一日いいお天気です☀️

本日は、楽しみにしていた EF64 0番台1次形の入線です 🎊


IMG_9217

おぉ〜、期待を裏切らないカッコよさ✨

IMG_9231

1000番台と比べると、顔こそ似ているものの、その様相はどちらかというとEF62やEF63に近いイメージです。

側面の形状も1000番台と全く違います。

IMG_9237

KATO 3091-1 EF64 0 1次形
( 2020.10.27 発売 )

IMG_9223

今回嬉しかったのは、信号炎管や手摺り等がデフォルトで取り付け済みだったため、初期セッティングがプレート設置とカプラー交換だけで済んだことです❣️

IMG_9226

プレートは7号機を選択。
こちらは、東芝製だそうです。

IMG_9230

同時発売の夜行急行「きそ」セットは購入しませんでしたが、手元にはほぼニアリーな車両達が在籍しています。

IMG_9239

久しぶりのスユニ61 ✨
大好きな郵便・荷物車です📮

IMG_9232

ということで、美しき旧客編成を… 🌟

IMG_9240

IMG_9241

IMG_9242

IMG_9243

IMG_9245

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんにちは。なみとの風です。


本日は快晴 ☀️

心地よい秋の陽射しです 🍂

さて、KATO EF64-0 1次形の発売日が10月27日(火)に確定しました ㊗️🎊

ということで、前祝いに1000番台を運転することと致しましょう。


image

カッコいいですね〜 ✨

image

双頭連結器の厳つさと、ジャンパー栓辺りのごちゃごちゃ感がたまりません。

image

image

image

image

ここで定番、寝台特急「あけぼの」のヘッドマークを 🌟

image

image

image

image

image

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム










両雄を見ることができるポジションへ。
6年ぶりに行きました 🛤🚦

image

近鉄6200系〈準急阿倍野橋〉は出発待ち。

image

南海1000系〈急行橋本〉がやってきました。

image

左=南海6200系・右=近鉄6200系

image

ホーム、ガーダー橋、トンネル🚇


🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム













こんにちは。なみとの風です。


ということで、前回はプレートを付けておりませんでしたが、今回ようやくセッティングいたしました 🛤🚦


image

おぉ、〈新快速〉本来の姿ですね ✨

image

入線編はこちらをご覧ください↓
▶️ TOMIX153系新快速(高運転台)入線

image

KATOの製品化から40年程たちました 🕰
TOMIXのHGもなかなかいいですね ✨

image

それでは、そろそろ共演者にご登壇いただきましょう。
先ずは103系スカイブルー〈普通〉🚃

image

image

続きまして113系湘南色〈快速〉🚃

image

懐かしいですね… 🍸

image

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com

鉄道コム













こんにちは。なみとの風です。


本日は、またもや雨 ☔️

しかし、心は晴れやか、待ち望んでいたTOMIX 153系 新快速の入線です 🔔🎶


image

当然ですが、かなりの男前です ✨

image

アップにしてライトの光量を落とすと、スリットまで綺麗に見えます💡

image

TOMIX 98707 153系新快速[高運転台]
( 2020.10.16 発売)

image

さて、ここで整備編を 🔧
今回も、何とも取付部品が多い… 💧

image

取説の手順どおり、先ず信号炎管から。

image

お次は、スノウプロウ。
(走行中は殆ど見えないのですが…)

image

トイレ・洗面所流し管。
こちらはスノウプロウと違い、よく見えるので取り付ける意義がありますね❗️

image

そして、今回、最も難儀した問題児、ホースなしジャンパー栓…
こんな小さな部品をこんな小さな穴に押し込むなんて無理❗️

image

ジャンパーホースは難なく装着 🆗

image

そして、本邦初登場、ATS車上子❗️
こちらも、殆ど見えませんよね 😅

image

方向幕は、姫路、西明石、大阪、京都。
迷った挙句「京都」を選択。

でも、どれも捨て難いですね〜

image

最後の仕上げは、インレタ貼り。
これで、ようやく整備が完了❗️

image

ここで一つやってみたかったことが。
同じTOMIX HGの113系0とご対面 ✨

image

左153系、右113系0。
意外と色合いが違いました。
意図的なんでしょうけど、153系は少し褪せた感じで、113系は鮮やかです。

image

本当は低運転台バージョンも欲しかったのですが、今回は予算の都合で断念 💸

image

懐かしいですね… ☕️

image

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム










こんにちは。なみとの風です。


今日は天気予報は曇りでしたが、朝から快晴。気持ちいい秋晴れの空 ☀️

さて、本日はEF65 1000後期形です。


image

愛すべき直流機のエース 💫

image

image

お気に入りはJRマークがないところ ✨

image

我家では、ブルートレインを牽引することが多いのですが、今日は貨物をお願いしましょう 🛤🚦

image

image

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム








こんにちは。なみとの風です。


久しぶりに暑いぐらいのいいお天気になりました ☀️

ということで、本日2アップ目です 🛤🚦


image

電球色ですね〜 💡✨
って正真正銘の電球です 💦

image

在籍車両も更新が進み、前照灯がLED化されていない車両も少なくなりました。

image

遂に117系「WEST EXPRESS 銀河」がTOMIXから発売予告されました。

KATO製、MICROACE製と見てきたので次はTOMIXといっときましょうか 😊

image

image

この色で南紀デビューした時はちょっとどうかと思いましたが、今となってみるとこれすら懐かしいですね ✨

image

image

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム










こんにちは。なみとの風です。


久しぶりに快晴 ☀️
これまた久しぶりに早起きして🏃‍♂️

ということで、昨日の続きの作業を 🔧
MICROACE 南海2000系 6次車です。


image

前パン姿、いいですね〜 ✨

方向幕の減光処置と内貼りで、こちらの6次車も男前になりました 💡

image

ロゴと帯も綺麗です ✨

image

こちらの車両も一年以上走らせていなかったため、モーターの復調にやや時間がかかりました 🚃

image

自然光の中で… 🌈

image

ゆったりとした時間… ☕️

image

久しぶりに釣りに行くのもいいかも…🎣

image

ご覧いただきありがとうございました。 

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム










こんにちは。なみとの風です。


さて、今日は珍しく長らく放置していた車両のディテールアップ作業をやる気になりました 💪


image

これを見ているだけでは何を施工したのか全くわからないですね 💦

image

はい、種別・方向幕に「減光措置」を施し、シールを内貼りしました 🔧
比較すると、違いが一目瞭然ですね❗️

image

2002号車に続き、2152号車にも施工 💡

image

前照灯、列車識別灯、方向幕のバランスがとても良くなりました ✨

MICROACEの南海2000系は、もう1編成、6次車が在籍しているのですが、集中力が持続せず作業は繰り延べ 💦

image

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム










こんにちは。なみとの風です。


ここ数日、本当によく雨が降りました。
週末天気が優れないことが多いですね🌂

さて、本日は赤い電車の気分です😊


image

いいですね〜 ✨

image

しかし、半年ぶりの走行でしたが、モーターの調子が今ひとつ…

MICROACEは、カッコいい車両を次々製品化し、世に送り出してくれてありがたいのですが、モーターの品質にバラつきがあって精度が低いのが残念です 😥

image

赤いボディに白色の帯が映えます 📷

image

京急はこのカラーリングが好きです ✨

image

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム










このページのトップヘ