なみとの風のブログ

昔見た郷愁の情景や、日常の中にある列車を「ちいさな世界」の中で眺めて癒されています。

2018年11月



イメージ 1

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 (子規)

法隆寺には行ってませんが…

天気が良かったのでウォーキングへ

イメージ 2

10km程のコースを気持ちよく踏破

この三連休は毎日いいお天気でした





こんにちは。なみとの風です。


昨日に続き、タンクな気分
本日は、セメント専用列車です


【KATO タキ1900 三菱鉱業セメント】
イメージ 1

日立セメントとか太平洋セメントとかあったのですが、この赤色のダイヤマークのカッコよさに魅せられて三菱鉱業セメントを選択。(別に三菱の回し者ではございません😅 )

西武鉄道を秩父方面へ走るものとはつゆ知らず購入…

イメージ 2

東横瀬駅常備
荷重 40t
実容積 34.7m3
自重 13.7t


って、ちゃんと実容積「m3」の表記印刷できてるじゃないですか❗️

ということは、昨日の疑問、⏮タキ3000の実容積「m」の表記は失敗作だったということが判明しました…

イメージ 3

車間短縮ナックルカプラーの威力

見てください、この踏板の間隔❗️

本当に渡れそうです

イメージ 4

コタキ
101919
セメント専用


右端の「形式 タキ1900」という細かい文字までクッキリですね。

イメージ 5

品番 KATO 8040 タキ1900
三菱鉱業セメント

イメージ 6

タキタキタキタキタキ~

イメージ 7

牽引機は「西武E851」なんでしょうけど、緩急車「ワフ101」ともども、現時点では購買意欲が湧かなくて…

西武ファンの方々には誠に申し訳ございませんが、ED73-1000とワフ29000で代走させていただきますm(_ _)m

でも赤い交流機関車と赤ダイヤ入りの黒タンク車って、デザイン的にはすごく取り合わせがいいと思いませんか❓

イメージ 8

「工業製品」って感じの造形美

といった感じで、2日連続タンクな気分でした…

イメージ 9

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com

鉄道コム













こんにちは。なみとの風です。


寸胴に惹かれて8両編成を組成

何故今かと云うと…

長らく待たされたタキ43000発売遅延への当てつけでもあるのです…


【KATO タキ3000 日本石油】
イメージ 1

タキタキ列車~

イメージ 2

何を隠そう、実は旧態然としたこの寸胴タンクが一番好きだったのです

2番目に好きだったタキ43000、いつまで待たせるね~ん

て、やっと11/29発売の表示が出ました

最近多いカトちゃんの遅延

イメージ 3

「本輪西駅常備」って北海道か~い❗️

本輪西駅常備
荷重 30t
実容積 41.0m
自重 19.6t

この精緻な印刷、たまりませんね💕
(でも立平m3の表記は無理?エラー?)

イメージ 4

品番 KATO 8008-6 タキ3000 日本石油

イメージ 5

このブレーキハンドル回してみたい…

例によってカプラーは、我が家の貨車では標準仕様の Roundhouse 車間短縮ナックルカプラーに交換しております。

【KATO EF65-1000 後期形】
イメージ 6

随分迷ったのですが、本日の牽引機関車トップバッターには「EF65-1000」にご登壇いただきました~❗️

イメージ 7

品番 KATO 3061-1
EF65-1000 後期形

イメージ 8

同じく、と~っても迷ったのですが、最後尾を務める車掌車は「ヨ8000」にしました~❗️

イメージ 9

【KATO EF15 標準形】
イメージ 10

ということで本日2機目の牽引機関車は、EF15にご登壇いただきました~❗️

品番 KATO 3062-1
EF15 標準形

シンプルな国鉄の黒貨車の魅力✨
私もこれが解る年頃なんですね~

イメージ 11

楽しい連休も残すところあと1日。
毎週3連休だったらいいのになぁ~

イメージ 12

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com

鉄道コム













こんにちは。なみとの風です。


昨晩、DLの途中で力尽きてしまったので本日はその続きを

夜行急行「だいせん」の登場です🌃🌠


【KATO 10系 夜行急行「だいせん」】
イメージ 1

夜行急行「だいせん」には、国鉄旧型客車のおいしいエッセンスが凝縮されており、とても楽しい編成になってます 

イメージ 2

前夜祭の様子はこちらをご覧ください😊



イメージ 3

KATO 10-1449 夜行急行「だいせん」
7両基本セット

KATO 10-1450 夜行急行「だいせん」
7両増結セット

※全部で14両あるのですが、スユニ60とマニ61は、上り下りで選択式のため、13両編成での運行となります。
(それでも長い… )

イメージ 4

郵便車、客車型荷物車マニ、パレット荷物車ワサフ、A寝台オロネ、B寝台オハネ、グリーン座席スロ、普通座席ナハ、緩急車ナハフ、と多彩な車種が網羅されています 

【スユニ60】
イメージ 5

【ワサフ8000】
イメージ 6

【マニ35】
イメージ 7

【オロネ10】
イメージ 8

【スロ54】
イメージ 9

【オハネ12】
イメージ 10

【ナハ10】
イメージ 11

【ナハフ11】
イメージ 12

【マニ61】
イメージ 13

下り編成のときはスユニ60を、上り編成のときはマニ61を選択できるようになっています。

今日は、撮影のために適当に最後尾にくっつけているだけです😅

イメージ 14

マニ61はストーブ煙突ありのマニ60 200をTR23台車に変更したものを製品化したそうです

イメージ 15

まずはDD54(中期形)に牽引していただきましょう✨

イメージ 16

マニ36ではなくてマニ35、マニ60ではなくてマニ61というところが「通な味」というか、マニアックですね❗️

イメージ 17

それではここで、製品の説明書から少し夜行急行「だいせん」のご紹介を

急行「だいせん」の名称は、1953年(昭和28年)に伯備線経由で岡山~松江間を運行する快速列車から使用されました。

1968年(昭和43年)から大阪~出雲市・大社間を福知山線経由で結ぶ列車となり、昼行列車は気動車、夜行列車は客車で運行されました。

郵便車、荷物車、A寝台、B寝台、グリーン車、普通座席車が連結される国鉄客車急行の典型的な編成でしたが、座席車に10系軽量客車が使用されていたことが特徴です。

1978年(昭和53年)改正で20系に変更され、雑形客車による運行は終了。

1986年(昭和61年)には14系寝台車+12系座席車に変更。

2004年(平成16年)に「だいせん」の名称は、消滅しました。

イメージ 18

【KATO DD54(中期形)】
イメージ 19

イメージ 20

郵便車大好き📮

イメージ 21

ワサフもカッコいい~📦

イメージ 22

グリーン車マークもいいね~🍀

ホントこの列車、眺めていて全く飽きがこない贅沢な編成です🌃🌠

【KATO DD54(初期形)】
イメージ 23

一押しの列車だけに掲載可能な画像の許容枚数を目一杯使い切りました~

イメージ 24

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんばんは。なみとの風です。


初期形とくれば、当然次は…

DD54中期形の入線です 


【KATO DD54(中期型)】
イメージ 1

初期形もいいけど、やっぱりこちらの中期形もカッコいい~ 

イメージ 2

品番 KATO 7010-2 DD54(中期形)

↓初期形はこちらをご覧ください。
KATO DD54(初期形)

イメージ 3

重厚な側面 。

イメージ 4

イメージ 5

ちょっと乗り込むのが大変そう…

イメージ 6

10号機の表記と三菱のプレート。
綺麗ですね~✨

イメージ 7

ということで、やっぱり初期形と中期形2つ揃えば並べてみたくなりますね 😅

屋根上って随分形状が違うんですね~
(上が中期形、下が初期形です。)

お顔はどちらも甲乙付け難い 
どちらも超カッコいい~ 

イメージ 8

う~ん、やっぱり眠くなってきた😪💤
続きはまた明日… 

イメージ 9

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんばんは。なみとの風です。


深夜にお邪魔いたします🌃✨

男前ディーゼル機関車の入線です 


【KATO DD54(初期型)】
イメージ 1

カッコよすぎ~ 

イメージ 2

品番 KATO 7010-4 DD54(初期形)

イメージ 3

この側面を眺めていると、ディーゼルの熱気が伝わってきそう。

イメージ 4

初期形ということは、たぶん次は…

イメージ 5

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんにちは。なみとの風です。


ということで本日の南海シリーズ第4弾

南海7000系(新塗装)の登場です。

勢い余って一日4up❗️

初めてかな❓


【TOMYTEC 南海7000系(新塗装)】
イメージ 1

いつも見慣れた現行色

イメージ 2

でも「7000系」はもういないと思うとなんだか感慨深いですね

現役中は、「ローカル線ならまだしも、今どき都心の真っただ中を”片開き扉”の電車を走らせるなんて…」と思っていたんですけどね。いざいなくなると寂しいもんです

イメージ 3

もともとは、ご存知、濃淡緑ツートーンの「緑の南海電車」だったのですが、1992年までに、全てこの新塗色に塗り替えられました。

イメージ 4

緑の南海電車はこちらをご覧ください。
⏮ 
南海7000系(旧塗装・冷改)



イメージ 5

初めは、今まで脈々と緑色をトレードマークとしてきた南海電車が、急に「真っ白」になって違和感ありありで戸惑いましたが、何年も経つと見慣れてくるもんですね😅

イメージ 6

イメージ 7

鋼製車が中心の時代の「電車らしい電車」だったと思います。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

同じように1960年代から活躍する高野線の南海6000系は、いつまで活躍するのでしょう

今や骨董品級の片開き扉で… 

イメージ 11

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんにちは。なみとの風です。


本日の南海シリーズ第3弾

いよいよ「冷改」の登場です


【TOMYTEC 南海7000系(旧塗装)】
イメージ 1

やはり落ち着く「緑の南海電車」

イメージ 2

冷房改造車には、非冷房車にはなかったスカートが装着されております

イメージ 3

南海7000系には、Mc-Tcの2両固定編成と、Mc-T-T-Mcの4両固定編成が存在します。

イメージ 4

パンタグラフは、非冷房時代は菱形でしたが、更新されてからは下枠交差型になりました。

Mc-Tcの2両固定編成のMc車には、パンタグラフは1基しかありません😌

イメージ 5

南海電車において「冷改」と言えば、この7000系冷房改造車のことを指します😌

ちなみに非冷房車はこちらをご覧ください。
南海7000系(非冷房車)


イメージ 6

暫く走らせていなかったので、すっかり忘れていたのですが、オプションでGREENMAX製の幌を装置していました。

イメージ 7

Mc-T-T-Mcの4両固定編成の難波方Mc車には、下枠交差型パンタグラフが2基搭載されています。

イメージ 17

収納状況です

最下段の2両は、GREENMAXの「南海10000系(旧塗装)」です。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

やっぱり「緑の南海電車」は、海のシーンじゃないとダメ~

イメージ 11

イメージ 12

この濃淡緑のツートーンカラー❗️
何度見てもいいもんです

イメージ 13

イメージ 14

2015年、南海の創業130年を記念に10000系特急「サザン」とともに、この美しい緑色旧塗装を纏ったのですが、同年9月30日をもって7000系は営業運行を終了、同年10月3日のさよなら運転をもって全ての運用を終了したのでした 📖

イメージ 15

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんにちは。なみとの風です。


引き続きまして本日の南海シリーズ第2弾でございます

みんな大好き「緑の南海電車」


【TOMYTEC 南海7000系(非冷房車)】
イメージ 1

懐かしのこの緑色、最高ですね

あっぱれ「鉄コレ」

イメージ 2

やっぱり南海電車は海沿いでしょう

イメージ 3

それではここで、製品パッケージの説明から少し南海7000系のご紹介を

南海7000系は、20m級の片開き4扉車として、1963年から帝国車輛工業、近畿車輛で90両が製造されました。

高野線で活躍する6000系や、南海線で運用される7100系とは、基本的に同一性能です。

イメージ 4

南海線、空港線、和歌山港線、天王寺線、加太線、多奈川線、汐見橋線など多くの線区で活躍しました

イメージ 5

楽しい屋根上

この形のベンチレーターってあまり見かけないですね

イメージ 6

今回ご紹介の姿は、初期の非冷房車ですが、我が家には冷房改造車があと2編成(旧塗装、新塗装)在籍しています

追ってご紹介を… 

イメージ 7

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











こんにちは。なみとの風です。


暫く国鉄シリーズが続いていましたが、本日は、久しぶりに南海日和です


50年前にタイムスリップ❗️


【TOMYTEC 南海6000系】
イメージ 1

ステンレスボディの表現が鮮やかですね

「鉄コレ」シリーズの出来映えは十分素晴らしいと思います。

イメージ 2

銀色の光沢が美しい✨

イメージ 3

それではここで、製品パッケージの説明から少し6000系のご紹介を

南海6000系は、1962年から運用を開始した南海電鉄の通勤用4扉車としては最初の高性能車です。

アメリカのバッド社のライセンスを受け、オールステンレス20m車両として東急車輛製造で製造されました。

イメージ 4

登場以来、ずっと高野線で活躍を続けていますが、海水浴シーズンには南海線で運用に就いたこともあったそうです

知らんかった…

イメージ 5

パイオニアⅢ台車。

今では珍しいディスクブレーキです❗️

連結器はTOMIXのTNカプラーを装着✨

イメージ 6

ちなみに今回ご紹介の6000系は、初期の非冷房車ですが、現在の姿、冷房改造車が来年2019年1月に発売されるようです

イメージ 7

ご覧いただきありがとうございました。

それでは、また🙋

🔽 鉄道コム tetsudo.com
鉄道コム











このページのトップヘ